元ライダー・田中要次

俳優の田中要次は、現在放送中の大人気ドラマ「HERO」でのバーテンダー役が有名です。何を注文しても「あるよ」と答えてくれるバーのマスターで、セリフは少ないですが強烈な存在感を発揮しています。その他にも非常に多くの映画、ドラマ、CMなどに出演しており、日本を代表する名脇役となっています。そんな田中要次は、俳優になる前にバイク便のライダーだったことをご存知でしたか?バイク便のライダーとしてテレビに出演したこともあるんですよ!

プロフィール

田中要次(たなかようじ)は、長野県木曽郡木曽福島町出身の俳優です。別名はBoBA(ボバ)。1963年8月8日に生まれました。1979年、長野県木曽山林高等学校林業科に入学。演劇部に入部し、文化祭では「十二人の怒れる男」を基にした舞台で陪審員長役を演じましたが、不良性との野次と中年を演じる違和感に嫌気がさし、自身にとって演劇は不必要と考え、1年で退部しました。高校卒業後の1982年に、国鉄長野鉄道管理局に就職します。1987年の国鉄分割民営化に伴い、JR東海の東海鉄道事業本部社員となります。岡崎保線区に配属され、JR大府駅や安城駅構内の職場に勤務しました。そのころから映画館に頻繁に通っており、愛知、岐阜、三重を渡り歩いて地元映画上映サークルと交流を深めていました。1989年、親交のあった山川直人監督からオファーを受け、ミュージック・ビデオ「佐木伸誘 / SEEK AND FIND」に出演しました。その後、国鉄時代からの勤続が8年8ヶ月8日となり、ジョン・レノン十回忌の当日でもある1990年12月8日にJR東海を退職し、俳優になることを志して上京します。田中自身はこの時のことを“脱線”と称しています。1991年、照明技師の安河内央之に師事し、竹中直人監督「無能の人」の照明助手として参加しました。そこで竹中監督の目に留まった田中は、同作品にエキストラとして出演を果たし、舞台「竹中直人の会/鉢植えを持つ男」に舞台監督助手を兼ねて、神戸浩の代役としても参加しました。その後も職種を問わずに活動し、俳優だけでなく、撮影スタッフとしても照明助手の他に録音助手、ドライバー、付き人なども経験しながら、数多くの映像製作に携わりました。1994年、竹中直人監督の映画「119」にて、照明部トラックの運転中に事故を起こしてしまいます。これをきっかけにスタッフ業から退き、俳優に専念するようになりました。この年からバイク便のライダーを始め、1998年までライダー稼業で生計を立てていました。そんな中、2001年にブレイクのきっかけが訪れます。平均視聴率全話30%超えを記録したTVドラマ「HERO」にバーテンダー役で出演し、「あるよ」のセリフが話題となり、人気を博したのです。これをきっかけにバラエティ番組にも出演するようになりました。2003年には、オムニバス映画「刑事まつり 一発大逆転」にて、短編「釜岡刑事/Coming Out Cop KAMAOKA」で監督デビューを果たし、以降も短編作品を撮り続けています。このように、現代の俳優としては一般職歴の長い遅咲きの俳優であり、刑事役や悪役、サラリーマン役など幅広い役柄をこなす俳優として多数の映画やドラマに出演しています。

BoBAという別名について

BoBAという名前は田中要次の愛称や別名として受け取られていますが、田中自身は「田中要次」と書いて「BoBA」と読むと主張しています。BoBAという名前の由来は自身のデビュー作である佐木伸誘の「SEEK AND FIND」での役名がボバだったことに起因しています。その後、その作品のスタッフを頼って業界入りした田中は映像スタッフとしても活動しており、その界隈でBoBAという名前が愛称として定着しました。本来、この名前は自身の旧友との間で生まれた遊び言葉だったのですが、田中が襲名したことでその言葉遊びが継続されているのだそうです。また、“ボバ”という名前の発祥地がRCサクセションのコンサート会場だったことから、この言葉遊びのゴールは忌野清志郎に名前を呼ばれた時と決めていました。BoBAという名前での活動は石井克人監督の映画「鮫肌男と桃尻女」のオープニングで初めてクレジットされ、エンドクレジットでは漢字名だったので、これを期に読みであることを理由づけ、英語表記では「BoBA」とすることにしたそうです。2003年公開のクエンティン・タランティーノ監督の映画「KILL BILL」などでは田中の名前はBOBAと表記されています。BoBAの“o”が小文字なのは、歌手のBoAの真似をしているのではなく、ニューヨーク近代美術館のMoMAにあやかっています。

田中要次の逸話

出演作の数がすごい!

田中は前述の通り、幅広い役柄で数多くの映画やドラマ、CMに出演しています。1999年にはロフトプラスワンで「BoBA Night」と称して田中の出演カットだけを流すイベントが開催され、全国各地にも派生して話題となりました。2000年には放送された出演CMが11本になり、この年のCM王と称されました。2001年には映画の年間出演本数が最多となり、シネマ・サルベージでは「あんた、出すぎ!」グランプリを4年連続で獲得しています。また、PVへの出演も多く、2007年に「笑っていいとも!」に出演した際には、自身を「PV男優」と称していました。セリフがいらないという点でPVへの出演は気に入っているのだそうです。また、前述のドラマ「HERO」でのセリフが影響して、街中では「“あるよ”の人」とか「“あるよ”だ!」と呼ばれるようになったそうです。2012年からは旅人としての番組出演が多くなり、自信を「旅俳優」と称するようになりました。また2013年にはBSチャンネルの出演番組が多い事に気付き、「BS俳優」と名乗るようにもなりました。

BoBAに関するエピソード

2006年に出演した映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」の撮影中、田中が落馬したことをきっかけに“ボバる”という業界用語が生まれました。三池崇史監督が言い出したことから業界内に広がりつつあるのですが、実は「映画道百科」というサイトでは数年前から既に田中を元に業界用語として登録されていた言葉で、セリフを噛む、呂律が回らないなど、本番でNGを出してしまうことを意味しているのだそうです。2007年には「踊る!さんま御殿!!」に出演したのですが、その際「自分の名前をBoBAとよんでほしい」と告白しました。しかしその後でさんまが「BoBA!」と呼びかけたところ即座に返答できず、「BoBAになっとらんやん!」とさんまに突っ込まれてしましました。また、次の瞬間から名前のテロップが「BoBA」と表示されました。

バイク便ライダーとして

1994年から1998年までバイク便のライダーとして生計を立てていた田中は、1996年、バイト先だったバイク便会社からの派遣でTBSの情報ワイド・バラエティ番組「王様のブランチ」のワンコーナーに“王様のバイク隊”メンバーとしてレギュラー出演していました。2011年には、そのころの経験を活かし、映画「ロボジー」の僅か2シーンの出演のために大型自動二輪免許を取得しています。

代表作

映画

  • 1999年「鮫肌男と桃尻女」・・・朝比奈役
  • 2003年「KILL BILL」・・・クレイジー88構成員役
  • 2006年「手紙」
  • 2007年「HERO」・・・バーテンダー役
  • 2010年「桜田門外ノ変」・・・稲田重蔵役
  • 2012年「道~白磁の人~」・・・町田役

ドラマ

  • 2001年「HERO」・・・バーテンダー役
  • 2004年「逃亡者」・・・田所豊役
  • 2006年「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」・・・菊島徹也役
  • 2008年「エジソンの母」・・・岩井勇蔵役
  • 2009年「RESCUE~特別高度救助隊」・・・五十嵐八郎役
  • 2009年「アンタッチャブル~事件記者・鳴海遼子~」・・・中原誠役
  • 2010年「崖っぷちのエリー」・・・氷室役
  • 2012年「純と愛」・・・藍田忍役